comacota-factory

comacota.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 04日

LED headlamp

a0159628_06023772.jpg
こんちゃっす!

先週末、ふーちん主催の淡路SRイベントありましたね~
毎度のこと盛り上がった様でお疲れさまでした!
またいつか参戦したいもんですなぁ

で、今回はLEDヘッドライトです。

ちょっと前に勢いのみでスフィアライトのライジングというLEDを入手していたのですが、
配線が後方に出ているために、全くケースに収まらず、テンション激落ちの放置モード
取り付けに至らず部屋のオブジェに・・・(;´・ω・)

そんななか、気になっていたデイトナベロフ製のLEDヘッドライト フォースレイが安く
販売されていて、思わずポチっちゃって・・・LED2個持ちに(笑)

それぞれ特徴違いますね
左 スフィラライト ライジングはファンレスの構造で、LEDの球もデカめのCREE製が少数
  猛烈!5400ルーメン!自信満々?の2年保証!!
  保証期間はマジ大事っすよね!

中 デイトナベロフ フォースレイは冷却ファン内臓型で、レンズなしの小さいLEDタマはフィリップス製が多数配置
  控えめの2500ルーメン(Lo)
  控えめの1年保証(笑)
  ま、1年なら加工するまでまだ待てる気持ちになる(笑)


どちらとも一応車検対応ってことにはなっていますが、基本的に車検はバルブだけの問題ではないので
組み合わせのヘッドライトも考えないと、単純に車検対応と言い切れるモンじゃない気もするのだが・・・

右 デイトナベロフHID


a0159628_06071662.jpg

LEDタマ自体の明るさは、スフィアライトがダントツな訳ですが、
やっぱり重要なのは配光であって、組み合わせです
a0159628_06204581.jpg
ドライバーユニットの違いはこのくらい
a0159628_06223645.jpg

それでは、点灯テストしたので、比較画像です
折角なので、ライトレンズはCIBIEと以前使用していたSuturnusを比較します

面倒なので、細かいコメントはなしです(笑)

撮影条件もマニュアルモードで統一しています
SS 1/160
F 5.6
ISO 1250

まずはコントロールでハロゲン
・CIBIE-ハロゲン
a0159628_06121215.jpg


・Suturnus-ハロゲン
a0159628_06124061.jpg
お次はスフィアライト
・CIBIE-スフィアライト
a0159628_06132645.jpg

・Suturnus-スフィアライト
a0159628_06140286.jpg

ラスト デイトナフォースレイ
・CIBIE-ベロフ
a0159628_06170877.jpg
・Suturnus-ベロフ
a0159628_06172573.jpg

一生懸命動画撮影して、ユーチューバーになった気分です(笑)

中央部の明るさはスフィアライトが圧倒的ですね
デイトナは売り文句の通り、範囲が広い感じ

というわけで、今回はデイトナベロフを使ってみることにします
スフィアライトは・・・旅立ちます(笑)


しかし・・・まさかの・・・
a0159628_06220704.jpg
本命の組み合わせ CIBIEとデイトナベロフの組み合わせではケースが閉まらない・・・(´;ω;`)

ま、入手して一番最初に試して分かってたことですが(笑)

フィンを加工するしかないかなぁ?

とりあえず保証期間切れるまでは、Suturnusのレンズだとケース閉まるので、
LED自体の安定性を見てみようかなーと

ベロフHIDは安定性がものすごく高くて、故障も全くしないし、やっぱり光量はまだHID優勢な印象
LEDはそこまで進化しているのか?! 否か?!

LEDダメならHIDに戻すだけ!

楽しみであります!!(笑)



[PR]

by comacota | 2017-05-04 07:08 | SR400 | Comments(0)


     スーパーハードなシフトロッド >>