comacota-factory

comacota.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 25日

New exterior

さて、今回もヤッツケブログでいってみましょう!

何を血迷ったのか?

今更外装をリニューアル!


車体パーツをコンパクトにまとめていきたいな~ なんて構想してまして
純正のナロータンクを付ける予定でした。

これだとPOM付けだし、何よりタンクはバイクの「顔」ですから!
スリムな車体に、スリムなタンク!コレだ!

ってな予定で、ヤフオクを徘徊…


そして、最終的にGETしたのは
XTタイプのアルミタンクだった(笑)

ま、XT500はSRの前身だし、OKOK!
レプリカなんで、形状そのままじゃないけど、SR用なのでポン付け!

何より、アルミニウム製で軽いし、錆びないし、
やっぱり、アルミタンクが良いですわ!

a0159628_51246.jpg




このタンク、純正と比較すると、4cm位短いだけなのですが、
容量は、激減の7.5L・・・
ボンサイに相応しいサイズです(笑)

ツーリングには、要予備タンクですが・・・(汗)

で、その4cmが開いたままじゃカッコ悪いだろう!ってことで、
シート周りの変更することになったのですが、
これを機に、某ルートで入手したスペシャルシートも導入。

吊るしではなく、スペシャルオーダー品らしい。
何をオーダーしているかは、忘れました…

a0159628_517978.jpg


さすが、K&H製。
座り心地が上質です。

色あい的に、ポリッシュタンクだとタンクだけが浮くかな?なんて思いましたが
あぁ、アクセント的にこれも悪くないかと…

最終的には艶消し系でペイントしていきたいのですが、
塗る前には、キャップ周りが正常に機能するかどうかが重要です。

しっかりと作られたキャップじゃないと、ガソリン吹き上げて塗装がやられても辛い(汗

実装テストをしたあとに、ペイント考えますが、当分はポリッシュ+ステッカーかな?

このキャップは、カッコ悪いけど、純正流用みたいなんで、
圧抜き等の構造はOKだと思います。あとは、タンク側とのすり合わせ?

ホントは、XT500みたいなホースが出てる形状のキャップを
削り出し+バフ+ブラックマイトで作りたいが(笑)

a0159628_5241963.jpg


シートとタンクとのマッチングも良いかな?
この方向でVer2014進めて参りましょう~


しかし、そのまま付けると、シート下の内臓が丸見え…
電装プレート 考え直さんといかんなぁ…汗


さぁて、現実逃避もこのくらいにして!

試験勉強の続きをせんと…(汗
[PR]

by comacota | 2014-01-25 05:35 | SR400 | Comments(0)


<< OLYMPUS OM-D E-...      今年お初のエレクトロニクス! >>